ホーム > 健康 > 痛風の発症年齢は低年齢化の傾向

痛風の発症年齢は低年齢化の傾向

痛風や高尿酸血症の患者は増える傾向にあり、推計患者数は90万を超える勢いと推定されます。あわせて血清尿酸値も男女とも上昇傾向にあります。

尿酸値が高い高尿酸血症となっている人は、成人男性の4~5人に1人の割合で見られ、年々増加傾向にあります。

 

そして痛風を発症する年齢も低くなっているのが現状で、ピークは50代から30代へと移行しています。

 

尿酸の生産される量と排泄される量のバランスが崩れて、尿酸プールから溢れてしまうと、高尿酸血症になるのです。

ところが逆に低すぎても低尿酸血症という状態になってしまい、その結果腎不全になってしまいます。少しの上昇・蓄積ならば、食生活の工夫や運動を習慣にすることで短い期間での改善が見込める場合も多くあります。

 

 

痛風を引き起こす原因となる高尿酸血症はとてもやっかいな病気です。高尿酸血症であっても体に不調のサインが出ずらく、健康上の問題はないと勘違いしてしまいがちです。

まさか自分が病気だなどと思わない為、積極的に治療をしようという気持ちに起きない為突然痛みや激痛を起こし、痛風となって困惑することになります。糖尿病や脂質異常症、また高尿酸血症の患者を対象とした場合共通している特徴は、肥満とかメタボリックシンドロームの人が多いそうです。

 

 

 

肥満と2型糖尿病の診断された人が減量をした場合血糖値の低下を確認できることがよくありますが、同じくして、尿酸値が高くて太り気味の人が減量をすると、尿酸値が減少していく事例が多いようです。痛風の診断を受けた人にとって重要なことのひとつが食事の際のプリン体制限ですが、近頃になってプリン体制限は治療の主流ではなくなりつつあるようです。特に野菜に含まれるプリン体は、ほとんどが体外に排出されるため、気にしすぎることは必要ないでしょう。それよりも、肥満になることを防ぐため、脂肪分の多い食品や食べ過ぎを控えるように注意しましょう。大柴胡湯の効果・効能:痛風、便秘、胃腸炎など


関連記事

痛風の発症年齢は低年齢化の傾向
痛風や高尿酸血症の患者は増える傾向にあり、推計患者数は90万を超える勢いと推定さ...
元気になるにはローヤルゼリー
元気になるにはローヤルゼリーって昔から いいますよね。体力が低下したと感じるよう...
あれを大きくしたいからサプリ飲んでるw
今日も1人の休日。 だけど一歩も外に出ずに家で仕事をした。 9時ごろ起きて、すっ...